小説は最高の調味料

なんてことない毎日に、ちょっと小説をプラスするだけで、いつもと全然違うテイストの一日になります。

なかなか食べる機会のない果物

果物は甘くてさっぱりしていておいしいですね。果物は好きなのですが、なかなか食べる機会がないです。機会がないというより、作らないという感じですね。朝はご飯を食べることが多く、お腹が一杯になってしまうので果物を食べられません。お昼はダイエットとして果物だけですませようかな、なんて思ってもお腹がすいていると果物だけでは物足りなくて普通に食べてしまい、果物が食べられなくなってしまいます。夜は果物を食べると太る、と思ってしまい思うように食べることができません。お肌にとっても効果的な果物なのですが、なかなか食べられません。
また、果物は冷たいので、体を冷やしてしまうのではないか、と思ってしまうのです。自分が冷え症なので、温かいものを食べるようにしているので、果物を食べるとお腹が冷えてしまい冷え症によくないのでは、と思ってしまうのです。でも、そんなことはないのですよね。血行をよくしてくれたりする効果もあるので、冷え症にだって悪くないのです。また、体を冷やさない果物もあるのですね。調べてみたら、さくらんぼやリンゴなどは体を冷やさないようです。さくらんぼは大好物なので、うれしいです。でも、1年中食べられないのが残念ですが。

スポーツシューズの買い替え時

自分はスポーツクラブに入っていて、週に2~3日、多い時には週に5日くらいジム通いをしています。運動をするわけですから、ウェアは汗を吸い取るもの、動きやすい服、を着ているのですが、シューズについてはほとんど機能性を無視しています。有名スポーツブランドのシューズではあるのですが、重いのです。でも、ピンクと白のそのシューズはとてもかわいく、一目ぼれをして買ったもので大のお気に入りなのです。ただ、ウェイトトレーニングをする時には気にならないのですが、エアロビクスなど激しい運動をする時には、ちょっと重いかな、と感じています。周りの皆さんは、エアロビ用の軽くて履きやすいシューズを履いています。自分はそれほど上手に動ける方ではないので、そんなに気にしなくてもいいか、と思っていたのですが、けっこう重さを感じていて、インストラクターの先生にも、シューズは軽くてすべらないものを選ばないと足に負担がかかる、と言われたので、ちょっと悩んでいます。
そのシューズも古くなってきたし、買い替え時ではあるのですが、買おうと思うとなかなか気に入ったシューズが見つからないのです。でも、足に負担をかけるのは良くないし、そろそろ真剣に探そうと思っています。今のシューズよりもお気に入りが見つかるといいのですが。

形見分けでもらった本

去年、親戚のおじいちゃんが亡くなりました。歴史と本がとても好きな人で、おじいちゃんの家にはたくさんの時代小説がありました。
宮本武蔵や水滸伝は私も借りて読みましたが、当時の私にはとても難しいものでした。でも、おじいちゃんと本の話ができるのが楽しくて、好きで、私の大好きな時間だったのでがんばって読みました。自分で読んでわからないところはおじいちゃんに聞くと、面白おかしくわかりやすく教えてくれたのが良い思い出です。
そのおじいちゃんのお葬式のとき、おばあちゃんが私に本をもらって欲しいと言ってくれました。私は、これはおじいちゃんの思い出のものだからおばあちゃんに持っていて欲しいと言ったんですが、おばあちゃんは私が本を借りに来るたびに嬉しそうにしていたおじいちゃんだから、きっと喜んでくれると言ってくれたのです。私は何だか涙が止まらなくなってしまって、おじいちゃんにも、おばあちゃんにもたくさんお礼を言ってその本をもらってきました。
今、家の本棚に並ぶおじいちゃんの本は、何だかおじいちゃんが一緒に居てくれるような気がしてすごく心強くなります。おじいちゃんの好きだった煙草のにおいがちょっとするので、そのせいかな?

お酒との付き合い方を変えた母親

私の両親はお酒をたくさん飲む人たちです。毎日晩酌で、母親などは酔うまで飲んでいます。しかし、とうとう母親はお医者さんに「ちょっと控えた方がいいですよ」と言われ、禁酒をすることに。体の調子もよくなかった母親は1週間禁酒をしました。その時は体の調子がよくなったそうです。しかし、そのままお酒を止めることはできず、また飲むようになってしまったのですが、それをきっかけにお酒の飲み方も気を付けるようになったようです。
まず週に1日は休肝日を作るようになりました。今までの量を考えたら週に1日だけではとても足りないような気がしますが、やらないよりはいいです。しかも今までは休肝日なんて考えたこともなかった母親ですが、お酒を飲まないと体の調子がよくなる、ということを体で知った母親は、体調が悪くなるとアルコールを控えるようになったのです。また、日本酒を浴びるように飲んでいた母親でしたが、日本酒はほとんど飲まなくなりました。お酒を控えて、ノンアルコールのビールやカクテルなどを飲んでいます。お酒はストレス解消の一つになっているようですから、無理にやめることはよくないですね。まだまだ足りないとは思いますが、以前よりも自分の体のことを考えるようになってお酒との付き合い方を変えた母親は、エライと思います。

お気に入りは2枚用意する

人それぞれお気に入りの服というものがありますね。どの服も気に入って買ったはずなのに、その中でも特にお気に入り、という服が出てくるものです。それを着ていると痩せて見えたり、顔が映えるような気がしたり、または誰かに「その服似合うね」などとお世辞を言われたりすると、その服がお気に入りになることも。お気に入りの服は他の服よりも大切に扱います。お洗濯も手洗いをしたり、クリーニングに出したり、と気を遣いながら着ています。しかし、どうしても着る頻度が高いので、生地が傷んだり、型崩れして着られなくなるのも早かったりします。その服と別れる時にはちょっと寂しいです。
それはトレーニングウェアにおいても同じことが言えます。トレーニングウェアの中でもお気に入りのウェアがあります。着やすい、デザインが気に入っているなどの理由で、やはり着る頻度も高くなります。それを着ていると、いつもより“運動ができる人”に見える気がするので、やはりそればかり着てしまいます。でも、スポーツウェアは汗もかくし、すぐにヨレヨレになってしまうことも。もう着るのは無理かな、と思う時がやってくると、悲しい気持ちになります。それはとても残念なので、今度から気に入ったウェアは2枚買おうと思います。

お尻の痛みの原因は?

長時間イスに座っていると、お尻が痛くなります。感覚としてはお尻の骨が痛い感じ。骨は痛まないと思うのでそう感じるだけですが。私は中肉中背ですが、お尻にはお肉があまりついていません。日本人には多い体型とよく言われる、お尻がない、という体型です。そのせいもありお尻が痛くなるようです。また、姿勢が悪い、骨盤がゆがんでいる、というのもお尻が痛くなる原因だそうです。どれも当てはまります。普通に立っているだけでも、肩の高さは違うし、左右の足の上がり方も違います。フラダンスで腰を回す時も、右周りは何とかできますが、反対側はほとんどできません。そんな体だと、座っている時でもどちらかに体重がかかってしまい、お尻が痛くなるのだそうです。確かに痛くなるのは左側だけです。ついでに左足のももの裏も痛くなります。
それを放っておいてはいけません。ゆがみは血行不良につながりますからね。体中の血行不良もいやですが肌に影響しますので、肌荒れにもつながります。骨盤のゆがみはすぐには改善できないと思いますが、地道にストレッチをやり、姿勢に注意しながら日常生活を送ることを心がけたいと思います。姿勢が悪いといろいろなところに悪影響が出ますね。早くきれいな姿勢でいられるようになりたいです。

なかなか摂れない水分

健康のためには1日1.5~2リットルの水分を摂った方がいいのですよね。本やネットなどでもさかんに水分摂取の方法については書かれていますが、以前、尿管結石をした時に、医師にそう言われたのを覚えています。しかし、私は水分を摂るのが苦手です。朝、お店でコーヒーを1本買ったとして、それを飲み終わるのは午後になってから。そこまでちびちび飲んでいるので、なかなか量が減りません。風味も味もなくなっているのでは?と思うほどです。以前は途中で味に飽きてしまって、違うドリンクを買ってくるのですが、それも全部は飲めず、また飽きて違ったものを買ってきて、机の上にはジュース類が3本くらい溜まっている、という状態でした。それはいけないことだ、と思うので、今では1本を飲み終えるまで、他のドリンクには手を出さないことにしています。それでもその1本はなかなか飲み終わりません。
友達は買ってきたドリンクをすぐに飲み終えてしまいます。早い時には15分くらいで飲んでしまうので、味わいも何もないのでは?と思うのですが、反対にそんな長い時間飲み物を放っておく方がまずくなる、と言われてしまいます。確かにそうかもしれません。水分を摂るためにも、もっと『早飲み』にならないといけませんね。

覚えられない誕生日

友達に「お誕生日おめでとう」と言ったら、「明日だけど」と言われてしまいました。またやってしまった、と後悔しています。どうも他人の誕生日を覚えるのが苦手で、いつも間違えてしまうのです。さすがに月は合っていますが、ひどいと初旬だったか、中旬だったかさえも覚えてないほど。家族の誕生日はかろうじて覚えているのですが、友達の誕生日となると、なかなか覚えられません。8月21日が誕生日の知り合いのおじさんが「ハニイって覚えてね」と言っていたので、それは覚えています。そんなの覚えていなくてもいいのですが、そう言われて覚えてしまいました。ゴロで覚えればいいのか、と思ってもなかなかいいゴロになりません。知り合いの誕生日を覚えているのはその人くらいです。
覚える気がないのか、思いやりに欠けた人間なのか、そんな自分はイヤです。自分の誕生日には友達からおめでとうメールをいただくので、そのお返しをしたいと思うのですが、はっきりとした日にちが分からず、結局送れなかったりします。夫婦であればどちらかに聞くことができるのですが、そうでない場合は困ってしまいます。別の友達に聞くのも何となく気が引けて聞けずじまい、ということに。今度からはきちんと誕生日ノートを作って、書きとめていこうと思います。

人生を表現している絵本

「僕を探しに」という絵本があります。外国の作家さんが描いた絵本で、パックマンみたいなピースの欠けた円が主人公です。昔、その絵本が大好きで何度も読んでいました。欠けたピースを探す旅をしている主人公は人間ではないけれど、何だか人間みたいで、いろいろと考えさせられた絵本で大好きなんです。というより、その絵本の物語は人生そのものだと感じたんです。誰でも、何かを探して、求めて、辛くても旅をしているのかもしれない、なんて。でも、何かを探している求めているときって、前を向いていたり上を見ていられる。辛くても、欲しいもののために叶えたい夢のためにがんばれる。その感覚が、人生のよさって言ったらちょっと哲学的過ぎるでしょうか。願いが叶ったり、探し物が見つかったとき、その瞬間は嬉しいけど、手に入れた後ってちょっとむなしい気持ちになるから不思議ですよね。もっともっと色んなものが欲しいって思うのが人間です。ずっと、一生何かを求めて、何かを探して、あの絵本の主人公のように旅をしていきたいと思っています。歌を歌いながら、スキップしながらとかでも良いかも知れないけど、実際に歌いながらスキップして歩いていたら不審者みたいだから、そういう気持ちでっていうことで。

おでこのシワができないようにする

顔のシワはどれも気になりますが、自分が一番気になるのはおでこのシワです。おでこにシワが寄っていると、どんなキレイな女優さんでも老けて見える気がするのです。芸能人の方はヒアルロン酸やボトックスなどをおでこに注入して、おでこのシワを取っていると聞きます。できるなら、自分もそうしたいくらいです。それでも、それほどおでこのシワが刻みこまれているわけではないのですが、この先おでこのシワが深くなったらどうしよう?と不安になっているのです。
おでこのシワは頭皮とも関係するので、頭皮マッサージも効果的、と言いますね。確かに、頭皮を動かすと、おでこが動きます。また、おでこのマッサージも効果とか。今までおでこのマッサージなんてしたことがなかったので、それはしなければいけない、と思います。
また、眉毛を動かすクセのある人もおでこにシワができやすいそうです。「え~っ」などと驚いた時に眉毛は動きますよね。上目使いもおでこのシワができやすいと言われています。
さらにおでこも意外と凝っているそうです。凝ってしまうと筋肉が動かなくなって、シワの原因になってしまいますよね。だからおでこのマッサージが大切なのですね。これからは、おでこのマッサージと保湿をしっかりしていこうと思っています。

読みたい小説はどこで探す?

一昔前までは、書店か図書館で小説を探すのが当たり前でした。
しかし最近ではインターネット上で、読者のレビューや評価などを参考に読みたい本を探す機会が増えました。
評価を見てそのままネット注文……。すごく便利な世の中になりましたね!